一足、二足、サンダル!

一足、二足、サンダル!

ビーチサンダルの危険なところ

普段のおしゃれとしてビーチサンダルを愛用するのは危険です。ビーチサンダルは、底が薄いので歩くたびに地面からの衝撃を強く受け、かかとに大きな負担がかかります。基本的にかかとが無防備になるので、土やホコリなどの汚れが付着しやすく、乾燥すれば綺麗な足にはなりません。裸足に近い感覚で歩けますが、実際は自分の足ほど使い勝手が良くありません。簡単に脱げてしまうので、それを防ぐために体には変な力が入り、全身のバランスが乱れます。構造上は膝やアキレス腱、背骨を支える機能がないので、姿勢が悪くなります。力を入れて歩き続けると、バニオンという腱膜瘤がつま先にできることがあります。使われている素材の多くがEVA樹脂で、摩耗が早いので滑りやすいです。プールサイドは水気で常にツルツルしているため、そこをビーチサンダルで走ると滑って大怪我をします。底が天然ゴムになったものが価格が高く、スニーカーほど滑り止め機能は優れていません。本来ビーチサンダルは砂浜で裸足よりも安全で歩きやすいように設計されています。海の中ではウニや毒を持った生物がいる可能性があり、それらを裸足で踏むことを避ける点で安全とされるため、日常的に使ってもメリットはありません。

サンダルを履きこなすには

サンダルは夏場にすずしく履くことのできる履物といった印象が大きいかもしれませんが、最近では夏場だけではなく、季節をとわずにオシャレに履きこなせるようなものが数多くあ ります。 もちろん、冬場だったら素足にサンダルを履いていればちょっとおかしなコーディネートになってしまいますが、冬場も厚手のソックスと合わせたりタイツと合わせることでファッショナブルに履きこなすこともできます。

事実、有名ブランドの秋冬のコレクションでもブーツだけではなくサンダルが登場してきています。素材にも秋冬の雰囲気を出すためにファーがあしらわれていたり、ベロアの素材でできていたりします。こうした素材感のものを選べば、冬に履いていてもまったくおかしいコーディネートになることもありません。 そして冬が空けてだんだんとあたたかくなってくると、早くサンダルを履いてオシャレしたいという方も多くなります。そんなときにも、素足で履きこなす前に薄手のソックスとあわせてみれば、春先の早い時期からオシャレに履きこなせます。 オシャレは我慢が必要などと言いますが、ソックスと合わせる場合には、たんにオシャレに決まるだけではなく、脚を冷やさない見でも有効なのでおすすめです。

注目サイト

フェイスリフト 神戸
http://www.fbc-facelift.com/
カプセルホテル 東京
http://kitasenju-capsule.com/
カプセルホテル 東京
http://sugamo-capsule.com/
グローバルコミュニケーション
http://www.obirin.ac.jp/global_communication/
一宮市 不動産
http://www.taiseinoie.jp/
離婚 相談 広島
http://licht-rikon.com/
税理士 大阪
http://cerveau-creer.com/
麻布十番のマッサージサロン
http://enspa.jp/

2016/9/23 更新

ビーチサンダルの危険なところ

おしゃれなサンダルでファッションを楽しもう

オフィスに適したサンダルは爪先が覆われている

靴とは違うサンダルのサイズ選び

通販で入手不可のサンダルを購入する術はある

お問い合わせ